命より大切な仕事はありません。「ダメ上司を持った方」「嫌がらせを受けている方」「仕事を断れない方」へ。
人事部で採用した仲間を失った経験、そして、自分が自律神経失調症になった経験で社会に貢献します。

「傷つきながら働く人を"0”に!」
厚生労働省人材開発支援事業
「企業内キャリアアップ面談」「人材育成企業内研修」担当

研修・講演企業団体の
実績一覧

人材開発支援事業

  • 【厚生労働省】企業内キャリアアップ面談担当
  • 【厚生労働省】人材育成企業内研修担当
  • 【大阪府教育庁】就職支援コーディネーター
  • 【大阪市立大学就職支援室】キャリアコンサルタント

講師実績

  • 【京都先端科学大学】キャリアデザイン非常勤講師
  • 【京都JPはあとふるカレッジ】就職対策講座講師
  • 【高校生向け】フリーターガイダンス講師
  • ECCアーティスト美容専門学校非常勤講師

大学生向け就職対策セミナー

  • 神戸学院大学
  • 大阪産業大学
  • 流通科学大学
  • 大阪樟蔭女子大学

大学生向け就職支援1,100名以上

  • 大阪市立大学
  • 関西学院大学
  • 立命館大学
  • 近畿大学
  • 神戸女学院大学

主な資格

  • 国家資格キャリアコンサルティング技能士2級(熟練レベル)
  • 国家資格 キャリアコンサルタント(標準レベル 登録番号16129634)
  • 日本キャリア開発協会認定CDA
  • エンパワーメントカウンセリング研究所認定エンパワーメントカウンセラー
  • コミュニケーション能力開発機構認定 中級心理カウンセラー&中級心理コーチ

コラム

国家資格キャリアコンサルタントとして1,000人を越える支援をしてきた経験。
アナタの職場のストレスに向き合います。

ご挨拶

『傷つきながら働く人を“0”に』

頑張る人ほど空回り。

人事担当者として、新入社員の命を守れなかった過去。
自分の命を失いそうになった自律神経失調症。
そして、尊い命を守れた経験。
今、大学や厚労省のキャリアコンサルタントとして…

私は過去に大切な新入社員の命を守ることができませんでした。
私は自分を責めました。
私ができることを色々な理由をつけて行動に移さなかった結果ではないのか?

立ち直れなかった私。
しばらくして「もしまた同じような状況になったとしても、同じことを繰り返すことだけはしない」と心に決めることで、前を向いて進めるようになりました。

仕事で深く傷ついている方のお話を聴く機会や関わりが増えていく中で、新入社員の命を守れなかった経験が蘇ってきました。

そこで私は、傷ついているであろう彼と繋がりを持ち、とにかくあなたのことを気にしている人がいるのだということを彼に伝え続けました。結果、いつの間にか仕事にも慣れ、私が声をかけなくてもなんとか過ごせている彼の姿をみて一安心。

ある日、そんな彼が、「今の僕がここにいるのは田上さんのおかげです、ありがとうございました」と、涙ながらに握手しながら伝えてくれました。彼の手のぬくもりを今でも忘れられません。

決して大きなことではないけれど、自分のできることを行動に移したことで彼の命を守ることができました。
そして、私の中で少し肩の荷が下りた瞬間でもありました。

ところが、今度は私自身が上司からのパワハラに苦しみ、命を失いそうになりました。
ただ目の前のことを一生懸命頑張っていただけなのに、上司に振り回され、ストレスを溜めに溜めました。
あのときの私は誰一人として私の味方ではない、と思い込み、自分で自分を大切にすることを忘れていました。
35歳で自律神経失調症と診断され、人生の歩みを一度止めました。
「働くことに意味があるのか?」そんな事ばかりを考える辛い時間が続きました。

暫くして自分を取り戻したころ、ふと思ったのです。
「そうだ!傷つきながら働く人をなくそう。命の尊さを見失うほど、辛い働き方をなくそう!」

助けることができた彼の言葉に支えられ、そして一人で頑張り続けている人の少しでも力になれれば、と
2011年、キャリアコンサルタントになりました。

幸いにも多くの人とのご縁に恵まれ、

  • 大阪市立大学 キャリア支援室 キャリアカウンセリング・就活支援に従事
  • 大阪府教育庁 就職支援コーディネーターとして府立高校生の就活支援に従事
  • 厚生労働省人材開発支援事業による 企業内キャリアアップ面談の実施
  • ECCアーティスト美容専門学校 就職対策(正課授業)非常勤講師
  • 京都先端科学大学 キャリアデザイン(正課授業) 非常勤講師

などの経験を積ませていただくことができました。

私自身、働き方の多様性、自分に合った環境で働くことや人を大切にする人たちと出会うこと、
そして何よりも、人を支える重要性と人に支えてもらう大切さを、身をもって感じています。

そして今は『傷つきながら働く人を“0”に』というミッションを掲げ、
そんな社会の実現を目指して、みなさんのお話を聴かせてもらっています。

すべての人が自分に正直に、自分が大切に思うことや楽しいと思うことを仕事にできたなら。
そんな考え方で、お客様が自分に合った環境に巡り合うお手伝いをしています。
あなたは一人ではありません。どうか尊い命を大切にしてください。

世界的なフラダンスの大会で2年連続優勝!


2018年 第45回 キングカメハメハフラコンペティション カヒコ 優勝

2019年 クムカヒ ウクレレ&フラフェスティバル カヒコ 優勝